Cocorport(旧社名:Melk) 障害者の就職を支援
お問合せ・お申込み
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
見学申込[無料]
資料請求[無料]
お問合せ
TOP

川崎Office ブログ

2019/06/18 川崎Office

嫌な気持ちを溜め込まずに受け流す方法

皆さんこんにちは。川崎Officeのスタッフです!

梅雨に入りジメジメした日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

こんなジメジメした日が続くと、気分もジメジメしてしまいがちという方、

多くいらっしゃるのではないでしょうか??

 

鬱々とした気分、イライラした気分、くよくよした気分…

出来れば晴れやかな気持ちで日々過ごしたいものですね。

しかし、日々生活していると、なかなかそうもいかないことが多いですよね。。。

例えば、他者のちょっとした言動で考えこんでしまったり、落ちこんでしまったり、

周囲の状況で自分の考えや気持ちが揺らぐ場面も多いかと思います。

 

 

そんな時、

考え方、モノの見方を少し変えてみることで、気持ちが軽くなったり、少し前向きに考えたりすることが

出来るようになることもあります!

 

その方法の一つとして

先日川崎Officeで実施したプログラム「気持ちをため込まずに上手く流す方法」をご紹介します!

 

人間、1人1人個性があり、行動にそれぞれの違いがあるように、

考え方=認知にもクセがあります。

例えば、物事に白黒つけないといけない性分、「こうあるべきだ」と決めつけてしまう性分、などなど。。

その認知のクセがいつの間にかストレスとなり、社会生活がしづらい状況を作り出して行きます。

 

このプログラムでは、自分の認知のクセを知り、日々の生活の中で少し意識してみること、

その中で客観的に「私ってこういう人間なんだな」と知り、自分自身を肯定的に捉えることで

ご自身の過ごしやすさにつなげていくことを目指していきます。

 

プログラムでは、参加された皆さんと一緒に、事例を通してグループワークを行いました。

1つの事例に対し、どのような見方ができるか、複数の角度から検討をしてみました!

 

1例をご紹介すると、いつも目を見て挨拶してくれる職場の同僚に声をかけたのに、

その日は目も合わさず、小さい声であいさつをしてくれただけだった。。。

そのことが気になり、くよくよと考えてしまい、仕事にも集中できなくなってしまったAさん。

 

どのように気持ちを受け流していくとよいか、皆さんと考えたところ、

「自分がAさんだったら、何か悪いことしたかなと思ってしまうけど、もしかしたら相手の体調が良くなかったのかも」

「自分が悪いのではなく、相手が忙しかったり、なやみごとがあったのかもしれない」

等の考えが上がりました。

 

「挨拶が小さかった」ということは事実ですが、

挨拶が小さい=自分が悪いことをした、と考えるのは自分の思い込みと受け止めることもできます。

何かストレスになることが起きると、その理由を考えこんでしまう方も多いと思いますが、

事実と自分の考え、思いをごちゃまぜにせず、整理して考えていくこともポイントです!!

 

その他事例も通してグループワークを行うと、

参加された皆さんも、はっと気づかれた表情をされたり、

「わかってはいるけど、どうしてもマイナス思考になってしまうんですよね。。。」

と感想をお話しされる方もいらっしゃいました。

考え方のクセは、すぐに変わるものではないため、何事も一歩一歩です!!

まずはクセに気付くこと、そのうえでご自身の過ごしやすさにつながる考え方を見出していけるよう、

日々取り組んでいきたいですね!!

 

あっ… 冒頭で「梅雨はジメジメして…気分もジメジメ…」と私も決めつけていました…

グループワークの事例とは少し変わりますが、

考え方を変えてみると「梅雨があるから、水が飲めるんだ」と前向きに考えられますよね。

この様な「新しい自分を知れる」プログラムを川崎オフィスではご用意しています。

ご興味のある方は、是非ご見学にいらしてください。

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

就労移行支援事業所 川崎Office

川崎Office
  • TEL 044-280-6967
    FAX 044-280-6968
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)
お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。