Cocorport(旧社名:Melk) 障害者の就職を支援
お問合せ・お申込み
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
見学申込[無料]
資料請求[無料]
お問合せ
TOP

天神駅前Office ブログ

2019/05/03 天神駅前Office

5月病について…❁*

みなさん、こんにちは。

Melk天神駅前Officeの佐野です。

すっかり春の陽気でポカポカしますね:)

私は、先日春の味覚であるタケノコを食べました。旬の物を食べ、より春を感じられました🌸

みなさんはどんな春を感じられているでしょうか。

さて今日は、“5月病”についてお話ししたいと思います。

ゴールデンウィーク、今年は10連休という方も多いのでは無いでしょうか。ゴールデンウイーク明けには、“令和”に年号も変更になりますね。

10連休…我々には程遠い話ですが(笑)

長く休むと、せっかく慣れてきた体のリズムが狂ってしまうことはみなさん経験されたことがあるのではないでしょうか?

■“5月病”って何?

ゴールデンウイーク(長期休み)後の体のだるさ、やる気のなさ…こういったものを世間では“5月病”といいます。

5月の連休後に、事業所や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、訓練や仕事に集中できないなどの状態を総称して「5月病」と呼びます。

初期症状としては、やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなどが挙げられます。これらの症状をきっかけとして、徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。

■原因は?

主にストレスが原因で起こります。

進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスが溜まりやすい時期です。医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害、不眠症といった病気などがあり5月病は病院などで使われる正式な病名ではないそうです。

★注意のPOINT★

5月病は、誰でもかかる可能性があります。なかでも、受験や就職などの大きな目標を達成したことで、燃え尽き症候群(バーンアウト)のような状態に陥っている人や、環境が大きく変わったことで周りにうまくなじめないという人は、ストレスを溜め込みやすいので注意が必要です。

■“5月病”かもと思ったら

まずは気負いすぎずに、周りの人に協力を求めるようにしましょう。5月病を疑った場合は、まずはかかりつけの医師の診察を受けましょう。

★予防するポイント★

5月病を予防するためには、ストレスを溜めないことがいちばんです。好きなことをしたり、好きなものを食べたりすることが、ストレス解消につながります。また、運動や規則正しい生活を心がけること、同じ境遇の仲間同士で悩みを共有することも、5月病の予防には効果的です。

みなさんも、GW生活リズムを崩さないよう規則正しい生活を送り

5月病を防ぎましょう(*’▽’)

 

就労移行支援事業所 天神駅前Office

天神駅前Office
  • TEL 092-753-7631
    FAX 092-753-7632
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)
お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。