難病の方の就職事例 | 障がい者就労移行⽀援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

難病の方の就職事例

難病のある方で、Cocorportを利用して就職した方々の声をご紹介します。内容は「現在のお仕事について(お仕事内容、楽しいこと、工夫していることなど)」「Cocorportでの思い出(利用したきっかけ、役に立ったプログラム、就職活動の様子など)」「これからの夢・目標」などです。ぜひご覧ください。

難病とは

「難病」は、医学的に明確に定義された病気の名称ではありません。難病と一言でいっても、病名や症状は多種多様です。
障がい者総合支援法上は、「治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であって政令で定めるものによる障がいの程度が厚生労働大臣が定める程度である者」と規定されています。
難病のある人が仕事をするためには、治療や疾患管理と仕事を両立させることが不可欠です。そのためには、「無理なく活躍できる仕事を選ぶこと」「通院や休憩等の業務調整について職場の理解と配慮を得ること」「自己管理と職場での対処スキルを身に着けること」が重要です。
Cocorportでは、ご利用者様お一人おひとりに適した支援を提供できる体制をご用意し、就労に向けた支援を行っております。

仕事の選び方

無理なく活躍できる仕事内容や職場環境

無理なく活躍できる仕事とはデスクワーク等の身体的な負担が少なく休憩が比較的取りやすい仕事や、短時間労働で疲労をため込まない仕事を選択される方が多い傾向にあります。逆に立ち仕事や労務作業、流れ作業等、身体的負担が大きい仕事や休憩、通院がしにくい時間拘束力の強い仕事は続けにくいということが多く聞かれます。それぞれの症状の特性を踏まえることはもちろんですが、本人のスキルや興味に適した仕事を探すことが重要です。また、難病患者就職サポーターや職業訓練校等の社会資源を活用し、自身のスキルアップを行うことも一つです。

仕事をする上でのポイント

「外見上は病気や障がいのことがわからないから、つらいときに理解してもらえない。そのため面接のときは難病であることを隠して就職をする。しかし、病気の症状が出るととてもつらくて。。。」というお話を伺う事があります。仕事を続けるために大切なことが「治療」と仕事の両立」です。、面接の時企業にいかに症状を理解してもらうか。がポイントになります。そのため無理のない仕事のマッチングや企業側の配慮への理解が求められるよう疾患に対する自己管理の意識を高め、「体調が悪くならないための環境づくり、体調が悪くなった時の対処方法」を確立しておくとよいでしょう。

  • ひとりで抱え込まない 伝える勇気を
    難病の方の就職事例
    飲食業(洗い場)に就職
    通所期間:2年0ヶ月

    20代女性(難病/小腸機能障害)

    ひとりで抱え込まない 伝える勇気を

    ◇◆「伝えない」という選択の先に
    正社員として働きたいという思いがあったため、就職活動では難病のことを企業側に伝えるべきか、とても悩んでいました。どうしても働きたいと思っていた私は、難病があることは企業側には伏せて就職活動をしていました。

     
お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。