障害者総合支援法が定めるサービスイメージ | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

障害者総合支援法が定めるサービスイメージ

障害者総合支援法が定めるサービスイメージ

さきほどの図だけではどのようなサービスが受けられるのかをつかみにくい部分もあるため、障害福祉サービスの大まかなイメージを持てるレベルでご紹介すると以下のようになります。

印がココルポートが提供するサービスです。

  • 在宅生活を支援するサービス

    在宅生活を支援するサービス

    • 居宅介護(ホームヘルプ)
    • 重度訪問介護
    • 重度障害者等包括支援
    • 短期入所(ショートステイ)
  • 外出を支援するサービス

    外出を支援するサービス

    • 行動援護
    • 同行援護
  • 昼間の生活を支援するサービス

    昼間の生活を支援するサービス

    • 療養介護
    • 生活介護
  • 住まいの場としてのサービス

    住まいの場としてのサービス

    • 共同生活援助(グループホーム)
    • 施設入所支援
    • 自立生活援助
  • 相談支援に関するサービス

    相談支援に関するサービス

    • 計画相談支援(「サービス利用支援」と「継続サービス利用支援」)※
    • 地域相談支援(「 地域移行支援」と「地域定着支援」)
  • 訓練のためのサービス

    訓練のためのサービス

    • 自立訓練(機能訓練)
    • 自立訓練(生活訓練)※
    • 就労継続支援A型(雇用型)
    • 就労継続支援B型(非雇用型)
    • 就労移行支援(就労定着支援)※
  • 医療費に負担軽減を図るサービス

    医療費の負担軽減を図るサービス

    • 更生医療
    • 育成医療
    • 精神通院医療
  • 身体機能を補完するための用具を支給するサービス

    身体機能を補完するための用具を支給するサービス

    • 補装具

ココルポートが提供するサービスについては、後ほど詳しく説明します。
それ以外のものについて簡単にご紹介します。

在宅生活を
支援するサービス
居宅介護(ホームヘルプ) ホームヘルパーが自宅を訪問して、生活全般にわたる援助を行います。
例:入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事や、生活等に関する相談や助言など
重度訪問介護 重度の肢体不自由または重度の知的障害もしくは精神障害があり常に介護を必要とする方に対して、ホームヘルパーが自宅を訪問し、生活全般にわたる援助や外出時における移動中の介護を総合的に行います。
例:入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事や、生活等に関する相談や助言など
重度障害者等包括支援 常に介護を必要とする方のなかでも、特に介護の必要度が高い方に対して、サービスを包括的に提供します。
※サービス:居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、生活介護、短期入所など
短期入所(ショートステイ) 自宅で介護を行っている方が病気などの理由により介護を行うことができない場合に、障害のある方に障害者支援施設や児童福祉施設等に短期間入所してもらい、必要な介護を行います。※「介護者にとっての休息」としての役割
外出を支援する
サービス
行動援護 行動に著しい困難を有する知的障害や精神障害のある方が、行動する際に必要な擁護、介護(排せつ、食事等)、援助を行います。
同行援護 移動に著しい困難を有する視覚障害のある方が外出する際、ご本人に同行し、移動に必要な情報提供や、移動の援護、介護(排せつ、食事等)、援助を適切かつ効果的に行います。
昼間の生活を
支援するサービス
療養介護 病院等の医療機関に長期間入院している障害のある方で、医療と併せて常時介護を必要とする方に対して、主に昼間において病院で行われる機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び日常生活上の世話を行います。 
生活介護 障害者支援施設などで、常に介護を必要とする方に対して、主に昼間において、主に昼間に、入浴・排せつ・食事の介護等を行うとともに、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
住まいの場
としてのサービス
共同生活援助(グループホーム) 障害のある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、介護(排せつ、食事等)、その他の日常生活上の援助を行います。 
施設入所支援 施設に入所する障害のある方に対して、主に夜間において、介護(入浴、排せつ、食事等)、生活等に関する相談・助言のほか、必要な日常生活上の支援を行います。
自立生活援助 障害者支援施設やグループホーム等から一人暮らしへの移行を希望する知的障害者や精神障害者などについて、本人の意思を尊重した地域生活を支援するため、一定の期間にわたり、定期的な巡回訪問や随時の対応により、障害者の理解力、生活力等を補う観点から、適時のタイミングで適切な支援を行います。
相談支援に
関するサービス
計画相談支援(「サービス利用支援」と「継続サービス利用支援」) 障害福祉サービスの利用申請に当たり、サービス等利用計画についての相談などの支援を行うとともに、サービス事業者等の関係機関との連絡調整などの支援を行います。
地域相談支援(「 地域移行支援」と「地域定着支援」) 地域移行支援:住居の確保などの地域生活に移行するための相談や必要な支援を行います。
地域定着支援:緊急に支援が必要な事態が生じた際に、緊急訪問や相談などの必要な支援を行います。
医療費の負担軽減
を図るサービス
更生医療

心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。従来の更生医療、育成医療、精神通院医療が自立支援医療に一本化されました。対象者は以下のようになります。

更生医療:身体障害者手帳の交付を受けた方で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる方(18歳以上)
育成医療:身体に障害のある児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる児童(18歳未満)
精神通院医療:統合失調症などの精神疾患のある方で、通院による精神医療が継続的に必要な方

育成医療
精神通院医療
身体機能を補完
するための用具を
支給するサービス
補装具 障害のある方が日常生活上において必要な移動や動作等を確保するために、身体の欠損または損なわれた身体機能を補完・代替する用具について、購入または修理に要した費用(基準額)から所得に応じた自己負担額を差し引いた額を補装具費として支給します。

※ 参照:WAM NET

お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。