発達障がい者の就職事例 | 障がい者就労移行⽀援のCocorport(旧Melk)
Cocorport(旧社名:Melk) 障害者の就職を支援
お問合せ・お申込み
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
見学申込[無料]
資料請求[無料]
お問合せ
TOP

発達障がい者の就職事例

発達障がいのある方で、Cocorportを利用して就職した方々の声をご紹介します。内容は「現在のお仕事について(お仕事内容、楽しいこと、工夫していることなど)」「Cocorportでの思い出(利用したきっかけ、役に立ったプログラム、就職活動の様子など)」「これからの夢・目標」などです。ぜひご覧ください。

発達障がいとは

発達障がいの詳しい原因はまだ解明されされていませんが、親の育て方や本人の努力不足ではなく、先天的な脳機能の障がい(発達の多様さ)が原因であるとされています。
物事の感じ方やとらえ方が異なっているため、とても得意なことがある反面、ちょっとしたことがすごく苦手という偏りがあります。
主に自閉症スペクトラムや、学習障がい(LD)、注意欠陥・多動性障がい(ADHD)、広汎性発達障がい(PDD)などがあります。
なお、発達障がいは、複数の障がいが重なって現われることもありますし、障がいの程度や年齢(発達段階)、生活環境などによっても症状は違ってきます。
Cocorportでは、就職後の安定した職場定着を見据え、SST(社会技能訓練)などのプログラムを通したコミュニケーションスキルの向上や自己理解(得意・不得意を知る)を深めていただけるプログラムを用意しております。

仕事の選び方

発達障がいの特性は一人ひとり違いますので、「発達障がいの方にはこの仕事が向いている」という共通した正解はありません。重要なのは、自分の特性がどういうものか(得意なものは何か、苦手とする環境はどんなものか等)を充分に理解し、自分にとっての適職を見出すことです。
例えば、「多動性が強く長時間じっとしているのが苦手」という方は、座りっぱなしの事務仕事よりも、体を動かす仕事の方が向いているかもしれません。「臨機応変に行動するのは苦手だけれど、ひとつのことを長時間続けるのは得意」という方は、一日中同じことを繰り返す定型的な仕事(データ入力等)で力を発揮できるかもしれません。このように自分の得手不得手を知っていれば、自分に合う仕事や環境を選びやすくなります。

仕事をする上でのポイント

自分の特性や得手不得手を認識したうえで、自分に合った対処を実践することが重要です。自己対処だけでは難しい場合もありますので、企業に配慮・サポートしてもらうことも検討しましょう。

【自己対処の例】

  • 時間管理が苦手で、約束の時間を守れない → アラーム機能を使い、気付けるようにする
  • ミスや作業忘れが多い → 業務のチェックリストを作成し、できているかを確認しやすくする
  • 過集中になりやすい → タイマーを設定し、定期的に休憩時間を作れるようにする 等

【企業に求める配慮の例】

  • 「適当にやって」等あいまいな指示の理解が難しい → 「何を」「どのように」「いつまでに」等、具体的な指示にしてもらう
  • 音に敏感で、周囲が騒がしいと集中できない → 耳栓など遮音できるツールを使わせてもらう 等
  • 発達障がい者の就職事例
    情報・通信業(事務職)に就職
    通所期間:2年0ヶ月

    20代男性(発達障がい)

    仕事のやりがいを感じ 未来の自分を想い描く

    ◇◆決してあきらめなかった就職活動
    はじめて就労移行支援事業所Cocorport(旧社名:Melk)に見学に行った時の感想は、スタッフが丁寧に対応してくれて、「安心できそうだな」と感じたことでした。それまではレストランやスーパーで4時間程度のアルバイ[…]

     
  • 発達障がい者の就職事例
    サービス業(事務職)に就職
    通所期間:2年0ヶ月

    40代男性(発達障がい)

    発達障がいの強みを活かす

    ◇◆働きたいのに 伝わらない想い
    就労移行支援事業所Cocorport(旧社名:Melk)に通う以前は、8社の企業を転々としていました。職種は、営業職・事務職・不動産業など多岐に渡ります。相手の話を真面目に聞き理解したつもりでも、聞き違いや理解の違い[…]

     
お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。