プログラム紹介「長期休暇の過ごし方」 | 障がい者就労移行支援のCocorport
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

柏第2Office ブログ

2022/01/20 柏第2Office

プログラム紹介「長期休暇の過ごし方」

明けましておめでとうございます!柏第2officeのスタッフです。

1月になり関東でも雪が降ったりと、寒さの厳しい日が続いていますね。皆さん体調はいかがでしょうか?

ココルポートでは年末年始に5日間の連休がありましたが、年明けから皆様元気よく通所いただいております。

実は長期休暇明けは心身ともに不調になりやすい時なのですが、年末に行った「長期休暇の過ごし方」プログラムが参考になった、と多くのご利用者様からお声をいただきました!

そこで今回はプログラムの内容について少しご紹介させていただきます。

そもそも、どうして連休明けに調子を崩しやすいのでしょうか?

複数理由はあるかと思いますが、多くは生活リズムの乱れが要因となっています。

休日だしたくさん寝よう!遅くまでゲームしよう!⇒お昼過ぎまで寝てしまう…といった日が続くと、夜眠くならずに入眠がさらに遅れお昼過ぎまで寝てまた夜眠れず……

と、生活リズムがどんどん乱れていってしまいます。

ではそうならない為にどうしたら良いのでしょうか?プログラムでお伝えした方法をいくつかご紹介いたします。普段の生活リズムから変えない。

①寝坊しても1~2時間程度にとどめる!

②栄養バランスの良い食事を心がける!

③1日の内少しでも外出する時間を作る!

④特に連休最終日はウォーキングなど軽い運動を行う!

上記をやってみて、やっぱりそれでも調子が戻らない時には

①連休最終日に今後のToDoリストを作りモチベーションを高める

②服装やメイクを普段よりもバッチリ決めてみる

③自分にとって負担の少ない訓練から始める

といった方法もご利用者様と一緒に考える中で出てきました!

プログラム終了時や連休明けには、「休みの間にやることの計画が立てられた」「どんな風に過ごすと良いのかを知る事ができ、不安が軽減された」とのご意見をいただきました。

連休だからといって力を抜きすぎると、いざ通所再開した時に体が思うように動かなくなりがちですよね。

就職してからも同じようなことは起こり得るので、訓練を通して「自分にとって良い休暇の過ごし方」を見つけることが長く働くことにもつながっていくのではないでしょうか。

柏第2officeでは、「長く働くこと」を目指してご利用者様ひとりひとりに合わせた訓練を提供しています。この他にも様々なプログラムや個別訓練を行っておりますので、ご興味があればぜひ一度officeにいらしてくださいね。

LINE・ご相談フォーム・お電話からお問い合わせ可能です。是非お気軽にお問合せくださいませ。

お待ちしております!

 

就労移行支援事業所 Cocorport 柏第2Office

柏第2Office
  • TEL 04-7197-1666
    FAX 04-7197-1667
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)
まずは無料見学会参加してみませんか?
お気軽にお問合せください。
資料請求も無料です。