【就職者のご報告】第3段「その1」 | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

湘南藤沢Office ブログ

2021/09/15 湘南藤沢Office

【就職者のご報告】第3段「その1」

皆さん、こんにちは。
Cocorport湘南藤沢Officeスタッフです。
すっかり秋めいてきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、この度湘南藤沢Officeを利用し就職が決まった方に対して、
「就職者インタビュー」を行いましたのでご報告いたします。

■ココルポートに通おうと思ったきっかけは何でしたか?

3社就労移行の見学体験をしましたが、最初の面談や体験中に丁寧に話を聞いてくれたので安心でき、
今後の訓練の方針に納得出来たことも通う事を決めたきっかけでした。
特に「規則正しい生活をする」ことが苦手で私の最初の目標だったため、
ココルポートの生活面を安定させることが重要という考え方が
自分に合っていると感じられたのも選んだ理由の一つです。
最初は週2日通う事も大変だったのですが、最後には週5日まで伸ばせました。

一時期就職への意欲が湧かなくなり退所しましたが、それは就労移行に戻る前提での退所でした。
7か月間自分に向き合いもう一度頑張ろうと思ってからは、ココルポートを迷わず選びました。
それはスタッフの支援が親身で、画一的ではなく、
しっかりと自分と向き合ってくれることが分かっていたからです。

ココルポートで役に立った/参加して良かった訓練は何でしたか?

「部署会議」というプログラムがあり、私は企画部に所属し、
土曜に行われる余暇プログラムの企画・準備・当日の運営など、話し合いや準備を行いました。

人と話すことが苦手ですが大事であることは理解していたので、
スタッフが隣にいて何かあったらフォローしてくれる安心感の元、
自分なりに色々とチャレンジ出来たのは大きな成長だったと思います。
最後には会議で他の方の意見を汲み取りつつ自分も発言し、全員で同意を得て、
相手も自分も尊重したコミュニケーションスキルを実践することができました。

また、それまでは自覚していなかった他者と話すときの癖、強い言い方、硬い表情など、
コミュニケーションの場だからこそ課題があることに、スタッフと会議後振り返りをすることで気付け、
本番の面接までに変えられるように取り組めたのも良かったです。

ココルポートで就活中に意識して取り組んだ事は何ですか?

生活リズムを整えることと目的を持って訓練する事です。
「生活リズム」は仕事で休まないために必要ですし、「目的を持って訓練する」ことで、
ココルポートでの訓練の満足度が上がり、次の日に繋がると考えているからです。
訓練内容が決まっていない時は通所する意欲が落ちてしまいました。
そのため事前にスタッフと通所したら何をするか具体的に決める相談をし、通所スケジュールを立てました。

また、もともと日記をつける習慣があったのですがココルポートで訓練をしながら日記をつけていくと、
生活リズムの安定のために役立っていることが分かりました。
スタッフと日記の話をした時に「日記に訓練内容や気持ちを書くことで、
自分自身の体調が見える化できるセルフケアのツールになっているのではないですか?」と言われたのです。
改めて見てみると確かに不調時には内容が書けていなかったり、
復調してくると文章の量が増えたり変化があることに気づけました。
就職してからもセルフケアのオリジナルツールとして行っていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか。
続きは「その2」でお伝えしますので、是非ごらんください。

湘南藤沢Officeがどんな雰囲気か知りたい!など…
少しでも興味がある方はいつでもお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせはこちらから
→0466-54-8237
メールでのお問い合わせはこちらから
→hujisawa-staff@cocorport.co.jp
見学の申し込みはこちらとなっております。
https://www.cocorport.co.jp/contact/inspect/

今から少しずつ就職への準備を始めてみませんか?
その一歩は今後を大きく変える一歩となること間違いなしです。

皆さんからのご連絡、心よりお待ちしております。

 

就労移行支援事業所 Cocorport 湘南藤沢Office

湘南藤沢Office
  • TEL 0466-54-8237
    FAX 0466-54-8236
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)