プログラム紹介~セルフケアの重要性~ | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

町田駅前Office ブログ

2021/09/22 町田駅前Office

プログラム紹介~セルフケアの重要性~


こんにちは。
Cocorport町田駅前Officeのスタッフです。

まだまだ夏の暑さが残る日が多いですね。
暑さ対策もしながらお過ごしいただければと思います。

さて今回は8月に実施したプログラム
【ロールプレイで練習~仕事中に体調の相談をする~】をご紹介します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「ロールプレイで練習」プログラムは、職場で起こりやすい出来事・場面を想定し
どういった対処や対応ができるかどうかを、ロールプレイを通して練習するプログラムです。

※ロールプレイとは:現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、
 適切に対応できるようにスキルを身につけていく方法です。


今回の場面設定は、朝少し体調不良を感じつつ、欠勤するほどではなかった「あなた」が
出勤後に体調悪化を感じ、業務中体調が悪そうにしていたところを
上司から声をかけられるという設定です。

日頃からどれほど体調管理に気を付けていても、体調を崩してしまうときはあると思います。
そのとき、ただ我慢するだけでは、体調を更に悪化させてしまったり、
作業効率の低下や、周囲の方々へ影響を与えてしまう可能性もあるため、
場合によっては上司等に報告・相談することも大切です。

では実際に同じような状況になったとき、
どのタイミングで、どんなふうに上司に相談できると良いでしょうか。

相談するときのポイントは、以下の2点です。

いざ相談したいときに、事前にポイントを抑えられると
自分にとって相談しやすくなりますし、相手に伝わりやすい相談ができるようになります。

ロールプレイはとても緊張される方が多いですが、
訓練のうちに練習をしておくことで、今後職場などで同じような場面になった際に
ポイントを抑えて対応することができるようになります。

相談や報告に苦手意識がある方などはもちろん、
自身のコミュニケーションスキルの確認をしたい方にもおすすめです。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

町田駅前Officeでは、就職活動に役立つプログラム・訓練の他、
今回ご紹介した「ロールプレイで練習」のような
コミュニケーションの方法を学ぶプログラムも実施しております。

オフィス見学や実習なども随時受けつけておりますので、お気軽にお問い合わせください。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

就労移行支援事業所 Cocorport 町田駅前Office

町田駅前Office
  • TEL 042-850-9161
    FAX 042-850-9162
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)