精神障がいの方の就職事例 | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

精神障がいの方の就職事例

精神障がいのある方が就労移行支援事業所Cocorportを利用して就職した方々の声をご紹介します。内容は「現在のお仕事について(お仕事内容、楽しいこと、工夫していることなど)」「就労移行支援事業所Cocorportでの思い出(利用したきっかけ、役に立ったプログラム、就職活動の様子など)」「これからの夢・目標」などです。ぜひご覧ください。

精神障がいとは

精神障がいとは、何らかの脳の器質的変化あるいは機能的障がいが起こり、さまざまな精神症状、身体症状、行動の変化が見られる状態です。つまり、精神障がいは「気持ちの持ちよう」といった精神論的な状態ではなく、「脳の病気」として生じている状態です。
精神障がいは主に、統合失調症、気分障がい(うつ病・双極性障がい)、不安障がい、強迫性障がい、適応障がい、てんかんなどがあります。
症状は同じように見えても、その背景にある病気の状態はさまざまで一括りにすることはできません。
そのため、Cocorportでは、ご利用者様お一人おひとりに適した支援を提供できる体制をご用意し、就労に向けた支援を行っております。

仕事の選び方

人によって診断や症状が違うため、「精神障がいの方はこの仕事に就くと良い」と言い切ることは出来ません。一方で、精神障がいの方によく見られる共通の困り感としては「対人関係で悩みやすい」・「疲れやすい」・「環境適応に時間がかかる」等があり、業務内容やスキル面とは別の部分で大変さを感じる方も多いようです。
そのため、就労を目指す際には、「どういう仕事が向いているか」というスキル面だけでなく、「自分にはどういう困り感があるか」・「どういう環境なら働きやすいか」という理解も進めておきましょう。その際、「疲れやすいため最初は短時間勤務から始めたい」等、必要な配慮について企業に相談することも重要です。

仕事をする上でのポイント

【無理をしすぎない】

Cocorportを利用されている方のお話を伺うと、
「NOといえず業務をまかされ、疲れてしまう」
「『上司や同僚に相談できず自分で何とかしなければ』と、ついつい頑張りすぎて、ふとした瞬間に疲れがどっとやってくる。その結果体調を崩してしまう」
「人混みが苦手だけど、通勤時間に間に合わせるために、無理して満員電車に乗り続け疲弊して体調を崩してしまう」
というお話をよく聞きます。
相談できる環境がある会社や通勤時間に配慮がある会社等事前に確認しておくこともポイントになります。また、面接等で会社側と話ができる際には、「配慮してほしいこと」をしっかり伝えることが重要になります。そのため「頑張りすぎないためにはどのような配慮が必要なのか」をあらかじめまとめておくのがよいでしょう。

  • 自分は変わった、<br>そして人生が変わった
    精神障がいの方の就職事例
    大手建設会社に就職(事務職)
    通所期間10ヶ月

    30代男性(精神障がい)

    自分は変わった、
    そして人生が変わった

    通いやすさから始まった通所訓練 Cocorportとの出会いは、病院に通院している時、主治医の先生から教えてもらったのがきっかけでした。「就労移行支援事業所というのがあるよ」と。スマホで調べたら、たまたま家から近い所にC […]

     
  • 人との関わりの中で見つけた 私が輝く働き方
    精神障がいの方の就職事例
    金融・保険業(事務職)に就職
    現在トライアル雇用中
    Cocorport 通所期間:10ヶ月

    20代女性(精神障がい)

    人との関わりの中で見つけた 私が輝く働き方

    ◇◆ 不安でいっぱいだった私を受け止めてくれた場所
    「オープン就労か、クローズ就労か」どちらを目指すのが自分にとって良い選択肢なのか、最初は答えがありませんでした。一人で考えると悶々として、良くないことまで考えてしまいます。そんな時、見[…]

     
  • 課題と向き合い 目標設定することが 成長への道
    精神障がいの方の就職事例
    サービス業(事務職)に就職
    通所期間:1年1ヶ月

    40代男性(精神障がい)

    課題と向き合い 目標設定することが 成長への道

    ◇◆Cocorportとの出会い
    「そろそろ自分のことを考えてみたら?」 親の言葉をきっかけに、再就職活動をはじめてみようと思いました。離職していた期間は8年間。その間は体調が思わしくなかった親の代わりに家事手伝いをしていましたが、体調が回復し[…]

     
  • 自分を見つめることで めぐり会えた適職
    精神障がいの方の就職事例
    サービス業(事務職)に就職
    通所期間:1年1ヶ月

    20代男性(精神障がい)

    自分を見つめることで めぐり会えた適職

    ◇◆自分を見つめるきっかけになった言葉
    「朝ごはんだけでも、食べよう…」 どうにもならない倦怠感に襲われる朝は、その時にできる精一杯の行動を取ろうと努めました。 初めは「トイレだけ行こう」という気持ちで、必死に起き上がりました。 それ[…]

     
  • 新しいことだらけ 仕事を楽しむ日々に出会った
    精神障がいの方の就職事例
    金融・保険業(事務職)に就職
    通所期間:1年10ヶ月

    30代男性(精神障がい)

    新しいことだらけ 仕事を楽しむ日々に出会った

    ◇◆1年かけて週5日Cocorportへ
    それまで私は、働いたことがありませんでした。 働いたことがないため、働くことへのイメージも湧きませんでした。 「このままではいけない、何かしなければ…」と思っていた時、「市役所の相談窓口に行ったら、何か相[…]

     
  • 笑顔の自分を取り戻して
    精神障がいの方の就職事例
    サービス業(事務職)に就職
    通所期間:1年6ヶ月

    50代男性(精神障がい)

    笑顔の自分を取り戻して

    ◇◆全てを受け入れてくれた場所
    大学を卒業後、大手企業に就職し20数年間働いていました。しかし、企業内のトラブルに巻き込まれたことがきっかけでうつ病を発症してしまい、退職をしてからは、通院をしながら静養する生活を2年間ほど続けていました。[…]

     
  • 自信を取り戻すプロセス
    精神障がいの方の就職事例
    情報通信業(事務職)に就職
    通所期間:1年3ヶ月

    40代男性(精神障がい)

    自信を取り戻すプロセス

    ◇◆会話から生まれた人間らしい生活
    正直な気持ちを言うと、初めは「行きたくない」と思っていました。 妻が手にしていたのは、かかりつけの心療内科にあった就労移行支援事業所Cocorportのパンフレット。体調を崩して仕事を辞め、失意の底に居た時のこ[…]

     
  • 行動することの大切さ 踏み出した先にある希望
    精神障がいの方の就職事例
    物流業(事務職)に就職
    通所期間:2年0ヶ月

    30代男性(精神障がい)

    行動することの大切さ 踏み出した先にある希望

    ◇◆外への扉を開けてみて想うこと
    就労移行支援事業所Cocorportに通うきっかけは、両親からの勧めでした。以前は企業に勤めていましたが、体調を崩して退職して以来、2年間静養しながら通院する日々を送っていた時のことです。「就職へのステップアップ[…]