Zoomプログラムについて | 障がい者就労移行⽀援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

新松戸駅前Office ブログ

2021/03/12 新松戸駅前Office

Zoomプログラムについて

 皆様、こんにちは。新松戸駅前Officeスタッフです。

 春の日差しを感じられる日も多くなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 春眠暁を覚えず、という言葉がありますが、今回は皆さんに覚えておいていただきたいプログラムのおはなしです。

(春眠暁を覚えず:孟浩然『春暁』より。春の眠りは心地がよく、夜が明けるのも気づかない。の意)

    

 さて、新松戸駅前Officeでは1月7日の緊急事態宣言を受け、感染予防を第一に利用者様には在宅での訓練をお願いしていました。

 緊急事態宣言は延長となりましたが、三密を避けるなど感染対策を徹底し、3月8日より通常訓練(午前午後の分散通所)を再開しています。

    

 そこで本日は在宅訓練時に行っていたZoomプログラムに関して詳しくお伝えします。

   

 Zoomプログラムではお手持ちのPCやスマホを使って簡単にご参加いただけ、ビデオ通話にてやり取りもできるので、普段のプログラムさながらの進行が可能です。

 内容も「普段通り」を意識し、皆さんの反応を見ながら進めていきます。参加人数やシステムの関係上ディスカッションはできませんでしたが、皆さんからいただいた意見をこちらで集約し、グループワークに代えて発表もさせていただきました。

 例えば私が進行を担当した「障害を開示して働くこと」ではこちらのPC画面を共有し、パワーポイントのスライドを皆さんのお手元に表示しつつお話をしました。個人ワークを中心にオープン就労とクローズ就労のメリット・デメリットを考える機会にできたかと思います。

 クローズ就労は一般就労とほぼ同じ条件なので、幅広い選択肢からご自身のスキルを最大限発揮できる仕事を探すことが出来ます。ですがその分仕事の負担は大きく、障害をお持ちの方がクローズで就労すると約70%の方が12か月以内に離職してしまっています。

 一方でオープン就労は、自身の障害を伝え配慮事項に同意頂くことで、90%近くの方が1年以上就労継続できています。ですが職種の選択肢が少なかったり、一部ですが賃金に差が生じたり、非正規雇用の形態の募集が多かったりと、デメリットも確かにあります。

 一概にどちらが良いというのは難しいですが、皆さんの選択を私は応援します。

そして「毎日元気に会社に行く」を達成いただくのが、ココルポート新松戸駅前Officeスタッフの願いです。

 

 さて今回は緊急事態宣言中での、Zoomプログラムのご紹介でした。今後就職される方々も、お仕事でZoomなどオンライン通話ソフトを使用する可能性は十分にあります。

 逆境をチャンスに。この機会をぜひ訓練に役立てていただけたと思います。

  

 ココルポート新松戸駅前Officeでは、現在新型コロナウィルス感染リスク軽減のため分散通所を行っております。

 プログラムについては感染防止を徹底した上で実施中です。

 ぜひ一度見学にお越しください。

 スタッフ一同、心よりお待ちしています。

 

就労移行支援事業所 Cocorport 新松戸駅前Office

新松戸駅前Office
  • TEL 047-710-9071
    FAX 047-710-9072
    (受付時間 月~金 9:00~18:00)
お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。