プレゼンテーションプログラムの紹介! | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

平塚Office ブログ

2021/05/28 平塚Office

プレゼンテーションプログラムの紹介!

皆さん、こんにちは! Cocorport平塚Office営業部です。

風薫る季節となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は、「プレゼンテーション」というプログラムをご紹介します。

プログラム内容

プレゼンテーションプログラムとは名前の通り、グループに分かれて出されたお題に沿ってグループで紹介したいものをPowerPointにまとめて発表をすることです。

また、このプログラムではPDCAサイクルという手法を意識しながら参加してもらうことを目標としています。

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルは、「管理業務をうまく進めるために4つのフェーズをサイクルさせる手法」のことです。

P     ①Plan(計画)

目標を設定し、業務計画を作成する段階のことです。

そして、目標における情報を収集し、解決策を考え、計画を立てていきます。

D     ②Do(実行)

Pの段階で立てた計画を実際にやってみる段階のことです。

問題を解決するための方法を見つけたら、少しずつ試します。

試す際にはその方法が有効だったか無効だったかも記録しておきます。

C     ③Check(評価)

計画に沿って実行できていたのかを評価する段階のことです。

この段階で試してみた解決策の結果をPの時の予想と比較して分析し、解決策が有効かどうか、その出来栄えはどうかを評価します。

A     ④Action(改善)

実施結果を検討し、業務の改善を行う段階のことです。

計画し、実行した結果を評価し、改善したものをこの段階で再度実行します。

プログラムを受けてみて

PowerPointで資料を作り発表をして終わらせるのではなく、発表する目的をグループで設定し計画を立て、それに沿って作成したものを発表し、発表後にもらう評価を参考にしながら発表の仕方を改善することで、二回目の発表はかなり納得のいくものとなりました。

トレイニーさんの感想

・いろいろな人の発表の形式がわかり、自分もその形式を参考にして資料づくりに役立てたいと思いました。

・プレゼンテーションの進め方を改めて学べました。

PDCAサイクルは様々な場面で使える手法となっています。

訓練で学んだことをこれからも活かしていくという姿勢を大切にしましょう。

Cocorport平塚Officeでは、
就職に向けた準備として様々なプログラムを実施しています。
ご興味をお持ちいただいた方は、
まずは一度ご連絡をしていただければと思います。

平塚Office一同、心よりお待ちしております!

 

就労移行支援事業所 Cocorport 平塚Office

平塚Office
  • TEL 0463-75-8953
    FAX 0463-75-8954​
    (受付時間 月~土 9:00~18:00)