ADHDのある人にあった仕事選びとは? | 障がい者就労移行⽀援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

ADHDのある人にあった仕事選びとは?

ADHDの特長
ADHDのある人にとっては、ケアレスミスや落ち着きがないなど、社会に出るうえで不利とみなされることが多い特性があり、どう社会と向き合っていくか、とりわけ仕事との向き合い方は最も難しい問題となります。

そこで今回は、ADHDのある人の活躍が期待できる職業、苦手だと感じることが多い職業について考えてみましょう。自分の強みと弱みを理解し、どのように仕事と向き合ったらよいか、自分らしい答えを見つけるきっかけとなるかもしれません。

ADHDの人には強みと弱みがあることを理解しよう

ADHDとは「注意欠如・多動性障がい」のことで、発達障がいのひとつとされています。具体的には以下のような特性があるといわれています。

・注意欠如・多動性障がいの具体例

・仕事や日常生活でケアレスミスが多い

・気が散りやすく、物事への集中力が続かない

・物事の優先順位を考えて計画を立て、そのとおりに遂行することが苦手

・体を動かしていることが多く、じっとするのが苦手

・なくしものや忘れ物が多い

このような特性が、一時的なものではなく仕事や日常生活に支障が出る程度になるとADHDと診断されます。こうした特性は性格や体調によって誰しも少なからずありますが、いわばそれが強く、長く出てしまうのがADHDといえます。仕事の現場では、人は失敗や間違えをするもの、日によってムラがあるもの、と全員が自覚し、先に対策を講じることで、事故を未然に防いでいます。皆でチェックし、補い合いながら進めていくのです。ということは、チェックの頻度や確認する目の数を増やせば、ADHDの弱みも十分にカバーできる可能性が出てくるかもしれません。

ADHDのある人の強み

ADHDのある人は気が散りやすい、忘れっぽい、仕事が雑など、あまりいい印象を持たれない特性がありますが、その一方で以下のように強みとなる部分もあります。

・興味があることには時間を忘れて没頭することができる

・想像力が豊か

・思いついたことはすぐ行動に移せる行動力がある

・判断のスピードが速い

思いついたら即動く行動力は、勉強する教室や事務系の職場のようにじっとしていなければならない場所では欠点とみなされがちですが、たとえば営業や販売職では長所とされる場合もありえます。

弱みはケアレスミスが多いことと、マルチタスクが苦手なこと

ADHDのある人はマルチタスクが苦手なことが多く、一度に複数の仕事をかかえてしまうと、どの仕事を進めればよいのかわからなくなって混乱し、作業が滞ってしまいます。
加えて、注意力を持続することが苦手なのでケアレスミスが多くなり、数字データを扱うような、正確性が重要とされる仕事を難しく感じる人が多く見られます。

こういった弱みによって、少なからず仕事に影響が出てしまうこともありますが、弱みに極力触れず強みを活かせるような職業に就くことによって、ADHDの人の活躍が期待できます。

ADHDのある人に向いている職業はクリエイティブ系

思いついたら即動く行動力があり、想像力が豊かなADHDのある人は、販売職や営業、作家やグラフィックデザイナーといったクリエイティブな職業などで、力を発揮できる可能性があります。WEBデザイナーや、ゲーム業界で活躍している人も増えてきています。

・一般的に向いていると言われている職業例

・販売職

・営業職

・クリエイター(作家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、ゲームデザイナーなど)

このような職業は締め切りや他者の進行具合に関係するものの、ある程度個人の裁量に任される仕事です。マルチタスクが苦手なADHDの人にとっては、目の前の仕事をきっちりこなすことだけ考えればよいので、比較的ストレスなくできる職業といえます。
ただし、このような仕事には必ず納期があり、クライアントのためにもスケジュール管理をきっちりしなければならず、その点は注意が必要です。

苦手な人が多い職業は事務系

ADHDのある人の弱みはケアレスミスが多いことで、これが響いてくるのが事務系の仕事です。
事務系の仕事は正確さと速さが要求され、じっとパソコンの前に座り黙々と作業しますから、まさにADHDのある人にとって注意が必要な領域です。

ただし、すでに事務系の仕事についている人が、自分には向いていないのだとあきらめる必要はありません。仕事においてやるべきこと確認するべきことは何か、細かくチェックリストを作成して対処しましょう。さらに自分でも時間を空けて見直すようにし、同僚や上司などにダブルチェックをお願いしてみましょう。

ミスのすべてを防ぐことは難しいかもしれませんが、このようにチェックの頻度を上げ、確認する人の数を増やすことによって、ミスを発見しやすい環境を作ることができます。

個性・特徴を生かした職業に!

ADHDのある人にとって、どのように働くかは、どのように生きていくかに直結するくらい重要なテーマです。

ADHDの人には社会的には弱みと捉えられている特性が多く、悲観的に考えてしまいがちですが、世の中にいろいろな人がいるように、ADHDも個性のひとつだと捉え、その特性を逆手に取って強みとして活かせるような環境を選ぶことが、負担なく長く働き続けるコツといえるでしょう。

お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。

関連記事

開催予定の説明会情報

Officeブログ新着情報

医療機関