双極性障がい(躁うつ病)の方に向いている仕事と継続するためのポイントを解説 | 障がい者就労移行支援のCocorport
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

双極性障がい(躁うつ病)の方に向いている仕事と継続するためのポイントを解説

双極性障がい 仕事

双極性障がいの方の中には、「この職場で継続して働けるか」「健康状態が悪化しないか」といった不安がある方もいるかもしれません。

双極性障がいの特性を理解し上手に付き合うことができれば仕事を続けていくことも可能です。本記事では、そのための具体的な方法や頼れる社会資源について解説していきます。

(※近年の世界保健機関(WHO)などの診断基準の改訂により、いわゆる「躁うつ病」は、「双極性障がい」あるいは「双極症」という名称へ移行しつつあります。ここでは、世間でも比較的なじみのある「双極性障がい」という名称で話をすすめます。)

目次

双極性障がいⅠ型・Ⅱ型の特徴と症状

双極性障がいとは、躁(そう)状態あるいは軽躁(けいそう)状態とうつ状態を不定期に繰り返し、激しい気分の上下がみられる精神障がいです。大きく分けてⅠ型とⅡ型があり、ここではそれぞれの特徴を解説していきます。

双極性障がいⅠ型とは

双極性障がいのⅠ型とは、典型的な躁状態とうつ状態を交互に繰り返す障がいです。1週間〜数ヶ月間つづく激しい躁状態によって、仕事や暮らしに大きな支障が出たり、良好な人間関係が保てなくなったりして、入院が必要となることもあります。躁状態とうつ状態の差が極端でⅡ型よりも躁状態が強く表れるのが特徴です。

双極性障がいⅡ型とは

双極性障がいのⅡ型とは、軽躁状態(I型よりも軽い躁状態)と、うつの症状を繰り返す病気です。躁の症状は(I型に比べて)社会生活に大きな影響を与えるほどではありません。しかし、気分の波やイライラが激しく、とっぴな行動に出てしまう場合もあり、生活や対人関係などで悩むことが多くなってしまいます。

Ⅱ型は必ずしも「I型より軽い病気」という訳ではありません。うつ状態が長期に及ぶなど慢性化しやすい傾向があり、「うつ病」と誤診されていることもよくあります。

躁状態の症状

躁状態(あるいは軽躁状態)の症状には下記があげられます。

  • ・睡眠時間が短くても元気に活動できる
  • ・自分が「何でもできる」「偉い人間だ」などと感じる
  • ・いつもよりしゃべるようになる
  • ・次々とアイディアが浮かんでくるようになる
  • ・怒りっぽくなる
  • ・気持ちが大きくなり、買い物やギャンブルに多額のお金を使うようになる

うつ状態の症状

うつ状態の症状には下記があげられます。

  • ・気分がうつうつとして、訳もなく悲しくなる
  • ・身体がだるく疲れやすい
  • ・自分が「何でもできる」「偉い人間だ」などと感じる
  • ・疲れているのに眠れず、夜中に目が覚めやすくなる
  • ・興味や関心を失う
  • ・気力や集中力がない状態が続く
  • ・「自分には価値がない」と感じる
  • ・動作や話し方がゆっくりになる

双極性障がいの方が抱えやすい仕事上の困りごと

ここでは、双極性障がいの方が抱えやすい仕事上の困りごとを、躁状態とうつ状態にわけて解説します。

躁状態の時の困りごと

躁状態の時の困りごとの代表的なものは下記の通りです。

  • ・気持ちが高ぶり、なんでもできるように感じる
  • ・人の意見に耳をかさない
  • ・計画を立てずに仕事をすすめる
  • ・いらいらして、怒りっぽくなる
  • ・仕事がはかどるように感じて、無理な仕事も引き受けがちになる

上記のような困りごとから、周囲との関係性やコミュニケーションがうまくいかず悩むことが多くあります。

うつ状態の時の困りごと

うつ状態の時の困りごとの代表的なものは下記の通りです。

  • ・無気力・無関心になる
  • ・仕事が手につかなくなる
  • ・朝起きることができなくなる
  • ・意志と関係なく、動きたくても身体が動かなくなる

うつ状態が悪化することで、通勤ができなくなり仕事が継続できなくなるということもあります。

双極性障がいの方が仕事を継続するための4つのポイント

双極性障がいを抱えている方が仕事を継続するためには、「自分ができること」と「周囲にお願いをすること」の2つの側面があります。ここではポイントを4つご紹介します。

  • ・自分の調子の変化のサイン(前兆)を理解し対策を考えておく
  • ・周囲の理解、サポートを求める
  • ・食事・睡眠など、生活リズムを整える
  • ・服薬を継続する

それぞれ詳しく解説します。

自分の調子の変化のサイン(前兆)を理解し対策を考えておく

まず自分の状態を観察し、「どんなときに調子を崩しやすいのか」「調子が悪くなる前兆として、どのような症状がでてくるか」を知ることが大切です。調子を崩す傾向を知ることで、健康状態が本格的に悪化する前に対処することができます。

例えば、睡眠時間が短くなってくる、いつもより口数が増える、生活リズムが乱れ始めている、などが挙げられます。一人で気付くのが難しい場合は、親しい人や職場の人に聞いてみるのも一つかもしれません。

これまで調子を崩した時はどんな時だったかを振り返り、そのときのサインを理解していくことが重要です。

周囲の理解、サポートを求める

調子を崩しやすい要因・崩しているサインに気付くことができたら、それを周囲の人に伝えサポートを得られる環境を作ることが大切です。自分だけで調子の変化に気づくことも大切ですが、自分だけではどうしても気づけないこともあります。

そんなとき、周囲の人から客観的な視点でサポートを得られることは、仕事を継続するうえで重要になってきます。調子を崩した時にも、すぐに相談し対処が取りやすい環境を整えていくことが大切です。

食事・睡眠など、生活リズムを整える

食生活や睡眠など生活リズムの乱れは体内時計の乱れとなり、症状の悪化につながりやすいです。

躁状態だと睡眠時間が少なくても活発に活動し、反対にうつ状態だと躁状態とは逆に疲れやすく食欲が落ちたり睡眠の質が落ちたりします。この状態が不定期に訪れるので、体内時計が乱れ、余計に具合が悪くなります。

そのため、食生活や睡眠など生活のリズムを整えていくことが症状を悪化させず仕事を継続するために重要です。

服薬することを継続する

医師から服用の指示を受けている場合は、必ず服用を継続することが大切です。

双極性障がいがある方の中には、躁状態を調子が良くなったと感じて服薬を忘れてしまうことがあります。しかし、服用を忘れてしまうと症状が悪化する可能性があり仕事を継続することも難しくなっていきます。

定期的に診察を受けて服用を継続し、もし薬について気になることがある場合は医師に相談していくことが大切です。

双極性障がいの方が続けやすい仕事

双極性障がいがある方は躁状態とうつ状態を繰り返すことで体内時計、生活リズムが乱れやすく、症状悪化に繋がります。

そのため、下記のポイントを押さえることが大切です。

  • ・業務量が大きく変わらない仕事
  • ・勤務時間が大きく変わらない仕事
  • ・自分のペースで進められる仕事
  • ・一人で進められる定型的な仕事

「仕事量」と「ストレスの負荷」の変化をできるだけ抑えられること、また体調の波に応じて業務量を調整できることが仕事を継続する上で大切になります。

双極性障がいの方が仕事を探すうえで気を付ける3つのポイント

双極性障がいのある方が仕事を探すときは、自分だけで探すのではなく周囲の意見を聞き頼りながら見つけていくことが大切です。3つのポイントをご紹介します。

  • ・繁忙期・閑散期の波が大きくないか
  • ・勤務時間が大きく変わらないか
  • ・障がいへの理解や配慮があるか

それぞれ詳しく解説します。

繁忙期・閑散期の波が大きくないか

繁忙期と閑散期の差が激しい仕事は、生活リズムが乱れやすく症状の悪化に繋がりやすいです。生活リズムを崩すことなく、安定したリズムで仕事ができる環境が大切です。

勤務時間が大きく変わらないか

早朝勤務や夜勤などシフト制の仕事は生活リズムが乱れやすく症状の悪化に繋がりやすいです。勤務時間に大きな変動がなく正しい生活リズムで仕事ができることが大切です。

障がいへの理解や配慮があるか

職場に障がいに対する理解や配慮がどの程度あるかによって働きやすさも大きく変わります。
双極性障がいの症状と付き合い仕事を継続するには、自分だけではなく周囲のサポートや環境も大きく影響するからです。

障がいに配慮があるかどうかを見分けるポイントとして下記があります。

  • ・障がいに関する研修制度が充実しているか
  • ・福利厚生制度が整備されているかどうか

体調に応じて短時間勤務制度や休職制度などのフォロー体制があるかどうかを確認することが重要です。

双極性障がいの方が仕事をする上で活用できる社会資源

経済的支援や仕事を探し継続していくためのそれぞれの段階に応じて活用できる社会資源を解説していきます。

経済的支援を受けられる社会資源

ここでは経済的支援を受けられる4つの資源を解説します。

自立支援医療制度(精神通院医療制度)

精神科の治療のために継続的に通院している方の医療費の自己負担額の一部を補助してもらえる制度です。疾患や所得に応じて1か月の自己負担額が設定されています(医療費のおおよそ1割程度の自己負担になる場合が多いです)。

精神障がい者保健福祉手帳

双極性障がいがある方の中には精神障がい者保健福祉手帳を取得できる場合があるので、一度主治医に相談してみましょう。また、取得するには初めての受診日(初診日)から6ヶ月以上経過していることが条件の一つです。

精神障がい者保健福祉手帳を取得すると、疾患や程度に応じて様々な福祉サービスや公共施設利用料の割引などを受けることができます。

また「障がい者雇用」という枠で、障がいに対する理解や支援を得られやすい職場で働く選択肢もとることができます。

障がい年金

病気やけがによって生活や仕事に支障が出たときに受け取ることができる年金です。働いている場合でも、症状により仕事が制限されていると判断された場合は、生活の一部を支援する金額が支給されます。

傷病手当金

病気やけがのために働くことができず長期間休職したときに、生活を保証する目的で支給される手当金になります。

仕事探しをする前の準備として活用できる社会資源

自分に合った仕事を探すための準備として活用できる2つの資源を解説します。

就労移行支援事業所

障害者総合支援法に基づいて障がいのある方の社会参加をサポートするための福祉サービスです。

障がいのある方が一般企業への就労を目指すために「職業訓練の提供」と「就職活動の支援」によってサポートをしています。

障がい者就業・生活支援センター

障がいがある方の暮らしや仕事についての総合的な支援を行っており、就職に関することや職場では話しづらい仕事上の悩み、健康問題などについて相談することができます。

仕事を探すときに活用できる社会資源

実際に仕事を探し始めるときに活用できる2つの資源を解説します。

ハローワーク

就職や転職を目指す人々に対し職業紹介や求職相談、雇用保険の手続きといった支援を行っている機関になります。

また障がいがある人の就労を支援する窓口「専門援助部門」があり、就職に関する相談やカウンセリングの実施のほか、障がいや疾患のある人を対象にした求人の紹介などをおこなっています。

就労移行支援事務所

障がいのある方が一般企業への就労を目指すために「職業訓練の提供」と「就職活動の支援」によってサポートをしており、面接や履歴書の書き方なども支援してくれます。

また双極性障がいの特性や本人が抱える悩みをよく理解したうえで働きやすい職場を探すお手伝いをしてくれます。

双極性障がいの方の仕事に関する悩みはココルポートへ

仕事を継続するためには、双極性障がいの特性とそれに伴う自身の状態をよく理解し、必要に応じて周囲のサポートを受けながら上手に付き合っていくことが大切です。

就労支援のココルポートは、双極性障がいのある方が就職や自立に向けて様々なスキルを身に着けながら自分と向き合うことをサポート致します。

ココルポートの特徴は、「個別支援」に力を入れており体調・悩み・希望を支援員と相談できる体制です。また、就労へ向けたスキルはもちろんセルフケアを身につけるサポートなど、様々な側面から就労の準備を一緒に整えていきましょう。

まずは「ココルポートの見学・相談」から気軽にお問い合わせください。

※ココルポートの実績
Cocorport(就労移行支援・定着支援)の就職実績及び定着実績について | 障がい者就労移行支援のCocorport


西原 浩司(にしはら こうじ)

医学博士(慶応義塾大学)、精神科専門医・指導医、認定産業医

長崎大学病院精神科神経科助教、日本学術振興会特別研究員、慶応義塾大学医学部助教(生物学教室)を経て、現在は沖縄県の天久台病院を中心に精神科診療に従事。
その傍ら、慶応義塾大学医学部訪問研究員としてiPS細胞をもちいた精神疾患の基礎研究を行っている。また複数大手企業の産業医として漢方や鍼灸、栄養学的な情報「心とカラダの予防医学」を目指して活動中。

こんなお困りありませんか?

以下はよくご相談いただく課題やお悩みの例になります。
ご自身にあてはまる課題やお悩みをクリックするとご提案の例が表示されますのでぜひご参考にしていただければと思います。
チャレンジすることに不安があるかもしれませんが、Cocorportは「失敗できる場」なので、ぜひいろいろなことにチャレンジしていただければと思います。

お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。

関連記事

関連アイテムはまだありません。

まずは無料見学会参加してみませんか?
お気軽にお問合せください。
資料請求も無料です。

開催予定の説明会情報

Officeブログ新着情報

医療機関 ※一部抜粋