適応障がいの人に向いている仕事とは?原因や治療法、セルフチェックの方法 | 障がい者就労移行支援のCocorport
Cocorport 障害者の就職を支援
お問合せ受付 <フリーダイアル 0120-382-013> 9:00~18:00 日曜定休
TOP

適応障がいの人に向いている仕事とは?原因や治療法、セルフチェックの方法

適応障害仕事
こんなお悩みはありませんか?

「適応障がいで離職したけれど、また仕事を始めたい。次は継続して働ける仕事をみつけたい」
「適応障がいで今の職場で働くのがつらい。どこかで転職の相談はできるの?」

ここでは、適応障がいの原因・治療法・セルフチェックの方法、適応障がいの人に向いている仕事についてお伝えします。

適応障がいを抱えながらの就職・転職でお悩みの方はぜひご一読ください。

適応障がいとは

適応障がいとは、「ストレスを感じるような特定の状況や出来事」がその人の生活の中に生じ、ストレスから1〜3ヶ月以内に気分や行動面に症状が現れることです。現れる症状は人によって異なり、千差万別です。

【症状の例】

  • ・過剰に不安になる
  • ・怒りっぽくなる
  • ・心臓がドキドキする
  • ・汗や震えがでる
  • ・食欲不振もしくは過剰な暴飲暴食
  • ・不眠(もしくは過眠) など

適応障がいの原因

適応障がいは、ストレスとなる原因が明確であることが診断のための条件です。

仕事や人間関係だけではなく、災害などが原因の場合もあります。他の人からすると何でもない状況・出来事が、適応障がいのある本人にとっては大きなストレスとなることもあるのです。

原因が明確である適応障がいは、その原因を取り除く、もしくはその原因から距離をおくことで症状が改善します。それが難しい場合、症状が慢性化し、最終的にうつ病になってしまう恐れがあります。

適応障がいの治療方法

適応障がいの治療方法には、主に下記の3つがあります。自分に合った治療法を選びましょう。

  • ・ストレス源の除去
  • ・認知行動療法などの精神療法
  • ・薬物療法

それぞれ詳しく解説します。

ストレス源の除去

適応障がいはうつ病と異なり、そのストレスの原因は明確であり、自覚できるものです。その原因を取り除く、原因から距離を置くことで症状は改善します。

認知行動療法などの精神療法

ストレスの症状を改善するためには、ストレスへの対処の仕方、考え方を変えることは大変有効な治療法です。

「認知行動療法」は薬のように即効性はありませんが、副作用もなく、ストレスへの耐性をあげることから症状の再発も予防でき、適応障がいなどの精神障がいに有効な治療法です。

薬物療法

医師の処方による薬物療法は一般的な治療方法です。気持ちを落ち着かせる・入眠を助けるなどの効果があります。メリットは即効性があることですが、副作用がでる可能性もあります。

適応障がいと付き合いながら仕事をする方法

適応障がいと上手に付き合いながら仕事をする方法はあるのでしょうか。下記で一例を紹介します。

ストレスの原因とうまく距離をとる

適応障がいの原因が「仕事」である場合、仕事の量や職場環境の調整、担当業務の変更などの対応が有効です。そのような対応を個人でとることが難しいときは、会社側に相談しましょう。

会社側が何も対応してくれない、対応してくれたがストレスの原因を取り除くことが難しい場合、転職も視野にいれたほうがよいでしょう。

適応障がいであることをオープンにする

適応障がいであることを職場に公表することは、人によっては抵抗を感じることかもしれません。しかし公表することで、職場からの配慮やサポートを得られる可能性があります。

公表しないことで職場の配慮やサポートや得られず、ストレスの原因を取り除けない状況が続けば「うつ病に転じる」恐れがあります。そうなると働き続けること自体が困難になるかもしれません。

障がいに理解のある職場で働く

障がいに理解がある職場で配慮やサポートを得られる場合、その職場で長く働ける可能性があります。

適応障がいなどの精神障がいのある方は、就職して1年後には半数程度が離職しているという厚生労働省のデータがあります。離職の理由として「職場の雰囲気・人間関係」「疲れやすく体力意欲が続かない」「症状の再発」などがあげられます。

通院や体調不良のときに休みをとりやすい、コミュニケーションがとりやすい、短時間勤務など勤務時間の配慮がある。そのような配慮やサポートがあれば、適応障がいのある方も継続して働けるでしょう。

適応障がいで休職はできる?

適応障がいを理由に休職をすることは可能なのでしょうか。休職中の過ごし方・復職する際のポイントなどをまとめました。

休職する際はまず会社に相談しよう

休職制度の内容は会社によって異なります。休職中は賃金の支払いがないことが多いですが、健康保険に入っていれば傷病手当金が支給されます。

休職を希望するときは、まず会社と通院先に相談しましょう。休職に抵抗を感じる方もいると思いますが、ゆっくりと休み、体調を整える時間はとても大切です。

休職している間の過ごし方のポイント

休職中だからといって、家で安静に過ごす必要はありません。適応障がいは原因がはっきりしているため、ストレス源を取り除く、距離をおくことが最も有効です。休職中は規則正しい生活をして、ノンストレスで過ごしましょう。

また、休職中にリワークをするという選択もあります。リワークとは、職場復帰を目指す方がおこなうリハビリプログラムです。医療機関や障がい者職業センター、就労移行支援・就労継続支援事業所などで受講することができます。

復職する際のポイント

休職制度の内容は会社によって異なるため、職場復帰をする際は会社側としっかりコミュニケーションをとることが大切です。

復職の許可をだすのは基本的に会社側です。医師の診断書を求められることもありますが、基本的には従業員50人以上の規模の会社であれば産業医と面談を行い、産業医が復職の可否を決めます。従業員50人未満の会社では会社ごとに制度が異なるので、会社に確認しましょう。

適応障がいの方が働きやすいと感じる可能性がある仕事

適応障がいの方が働きやすいと感じる可能性が高い仕事は下記の通りです。

決まったことをひとりでコツコツやる仕事

コツコツやる仕事は自分のペースを守って取り組みやすいので、適応障がいの方も働きやすい可能性があります。

  • ・工場の作業スタッフ
  • ・事務職
  • ・営業サポート事務
  • ・清掃員
  • ・警備員 など

在宅ワークなど自由な働き方ができる職場での仕事

自由に休みが取れる風土の会社であれば、体調不良や通院のときも休みをとりやすく、障がいのある方も安心して働けます。

在宅ワークを推進している会社やフリーランスで働けば、人間関係が苦手な人や自分のペースで仕事をしたい人は職場に行く必要がなく、ストレスが少ない環境で働くことができるでしょう。

役所などの公官庁の仕事

公官庁は正規雇用・非正規雇用に関わらず福利厚生が整っているため、休職の制度も整っています。

適応障がいとつきあいながらの就職・転職は専門機関を頼るのもあり

適応障がいなどの精神障がいのある方は、以下の専門機関の支援を受けることができます。ひとりで抱え込まずに専門機関に相談したり、支援を受けることを検討してみましょう。

  • ・生活支援センター
  • ・ハローワーク
  • ・就労支援(就労移行支援、就労継続支援A型、B型)を行う事業所

就労支援を行う事業所は、障がい者手帳がなくても利用できるところがあります。職業訓練や面接、履歴書対策などの就職活動のサポート、就職後の定着支援などを受けることができます。

ハローワークも一般企業への就労を目指す障がいや疾患のある方の求職から就職までの一連の過程をサポートしています。

精神保健指定医/日本精神神経学会専門医・指導医

岡田 夕子(おかだ ゆうこ)

精神保健指定医/日本精神神経学会専門医・指導医

2005年滋賀医科大学卒業後、小児科や産業医として勤務した後に精神科へと転身。身体的、精神的症状を訴える患者を受け持つ。思春期特有の心の病気に取り組む「思春期外来」も担当しているほか、精神科系の記事執筆や監修なども行っている。

こんなお困りありませんか?

以下はよくご相談いただく課題やお悩みの例になります。
ご自身にあてはまる課題やお悩みをクリックするとご提案の例が表示されますのでぜひご参考にしていただければと思います。
チャレンジすることに不安があるかもしれませんが、Cocorportは「失敗できる場」なので、ぜひいろいろなことにチャレンジしていただければと思います。

お気軽にご相談ください

土曜・休日のご相談については返信が遅くなる可能性があるので、お急ぎの場合は各Officeに直接お電話ください。

関連記事

まずは無料見学会参加してみませんか?
お気軽にお問合せください。
資料請求も無料です。

開催予定の説明会情報

Officeブログ新着情報

医療機関 ※一部抜粋